塗料について/最新情報

HOME > 最新情報 > アーカイブ > 塗料について

塗料について

アステックペイント

100326_ASTECロゴ横.jpgDSC_0367.jpg

 

弊社が加盟店である アステックペイントについてご紹介します

アステックペイントは紫外線が日本の3倍、高温多湿地帯、砂漠地帯、豪雪地帯、塩害などの厳しい自然環境であるオーストラリアで『大切な我が家である建物を守る塗装』を実現するために生まれ育ちました。

『ピュアアクリル塗料』

アステックペイントは、水族館の水槽や飛行機の窓などにも使われているアクリルから、アステックペイント独自の技術により、不純物を一切排除した超高分子の「ピュアアクリル」樹脂を使用して塗料の開発をしました。そして、高い耐久性と600%以上の伸縮性で水の浸入を防ぐピュアアクリル塗料が誕生したのです。

『可塑剤を含まない塗料』

一般的な弾性塗料には塗膜を柔らかくするための可塑剤という成分が含まれています。しかし、塗膜内の可塑剤は3~5年で気化し、塗膜から抜けてしまいます。そうすると、塗膜は硬化し伸縮性能を失い、防水機能も低下します。EC-5000PCM(IR)は一切可塑剤を使用していないので、長期にわたり伸縮性を保持します。

DSC_0420.jpg

 

 

ここからは、日本においても建物の置かれている自然環境はさまざまですが、アステックペイントの塗料は建物を守るためにどのような特長があるのかをお伝えします。

 

①紫外線に強い=耐候性

紫外線は建物にとっても塗料にとっても最大の劣化原因となります。

EC-5000PCM(IR)は促進耐候性試験(スーパーUV)600時間をクリア。フッ素樹脂塗料と同等の期待耐用年数は15年以上。長期間にわたって建物を保護します。

②優れた伸縮性=防水性『伸びる塗料』

EC-5000PCM(IR)の外壁用防水塗料は「ピュアアクリル」という特殊な樹脂を使用していることで、約600%以上の伸縮率があり、塗膜が水の浸入を防ぎます。

一般塗料では、外壁にひびが入ると塗膜も一緒に裂け、水が建物内に侵入してしまいますが、EC-5000PCM(IR)は伸縮性能があるため、塗膜がひび割れに追随し、水が浸入する隙間を作りません

またシーリング材の上にシリコン、フッ素、無機塗料などの硬質塗料を塗ると、目地の動きに追随できず、塗膜にひびが生じます。ひび割れ箇所からシーリング材に亀裂が入り、切断されると水の侵入経路ができてしまいます。

EC-5000PCM(IR)は目地の動きに塗膜が追随するため、ひび割れは発生しにくく、水を侵入させません。

透湿性も優れており、雨水の浸入を防ぐだけでなく、建物に湿気をこもらせない「呼吸する塗膜」でもあります。

DSC_0431.jpg

③暑さから守る=遮熱性

遮熱塗料に含まれるナノセラミック粒子が太陽熱を反射させ、建物への熱の浸入を防ぎます。建物表面温度を最大20℃、室内温度を最大5℃低下させます。塗膜内に吸収された熱もナノセラミックにより外に放射されるので、建物の蓄熱も防ぎます。

熱による建物の膨張・収縮は建物劣化を進めてしまうので、遮熱効果と蓄熱を防ぐことで建物の長期保護につながります。

 

④藻やカビの発生を防ぐ

通常、一般建築物から頻繁に検出されるカビや藻の菌の数は57菌あるのですが、アステックはそれを大きく上回る703菌に対応できる防カビ剤があります。従来は対応できる抗菌数は500菌だったのですが、今年8月、703菌へと拡大しました。他の防カビ剤の1000分の1程度の溶出量で、水や温水にもほとんど溶けず気化もしないため効果も持続します。また環境ホルモンを一切含まず、日本食品分析センターの急性経口毒性試験で食塩やカフェインよりも毒性がないことが実証されています。

 

⑤環境を守る=安全性

アステックペイントの塗料はほとんど水性であるため、臭いが少なく安全な塗料です。

ホルムアルデヒド放散等級F☆☆☆☆の規定に準拠しており、環境や人にやさしい塗料であると証明されています

また遮熱性能により、エアコン代やCO2の削減にも貢献します

 

いかがでしたでしょうか?

アステックペイントという塗料のすばらしいところを知っていただけたのではないでしょうか。

これから 随時アステックペイントシリーズの各種塗料の紹介もしていきます。

缶集合.jpg

 

実証!アステックペイント防カビ剤の威力!

3年前、渋谷区の食品工場内天井壁を施工させていただいたお客様より、

再度工場内機械の塗装をご依頼いただいた際、3年前施工した天井壁を拝見させていただきました。

蒸気が常に上がっている状態の食品工場のため、当時施工前にテスト施工を3か月かけて行い、

お客様よりOKをいただき施工を行いました。

アステックペイントの防カビ仕様で、下塗り、中塗り、上塗り材全てに防カビ剤の入った塗料で施工を行いました。

一般建築物から頻繁に検出されるのが約57菌ですが、アステックペイントの防カビ剤は500菌に対応したもので、

ほぼ通常のカビは網羅されているという優れものです。

しかも日本食品分析センターの急性経口毒性試験で食塩やカフェインよりも毒性がないことを実証済みという防カビ剤です。

食品工場内塗装でしたので、安全性も重要なポイントでした。

実際、施工後どれくらい防カビ性能が発揮されるかというのはわからなかったのですが、

今回3年経過した天井壁を拝見させていただく機会をいただき、

カビのほとんどないきれいな工場が保たれており、防カビ性能が充分に発揮され実証することができました!

お客様も非常に喜んでおられて、私共としてもそのような施工ができたことが大変うれしく、またアステックペイントの防カビ剤に改めて感動しました!

建物の外壁、屋根、室内のカビでお困りの際には、ぜひフジタ塗装にご相談ください!

 

【3年前の施工前写真】

IMGP0798.jpg

IMGP0799.jpg

IMGP0804.jpg

【3年後の現在の写真】

IMG_2128.jpg

IMG_2133.jpg

アステックペイント 超低汚染リファインシリーズ

今日の東京は雨くもり湿気多しのムシムシな陽気でございます(~_~;)

さて、昨日アステックペイントさんから新商品の紹介がありましたので、
素敵な塗料ですので、ぜひみなさまにもシェアしようと思います^_^

アクリルシリコン樹脂にもかかわらず、フッ素樹脂同等の高い耐候性を実現した
『超低汚染リファインシリーズ』というアステックペイントジャパン独自開発商品です。
アクリルシリコン樹脂のシロキサン結合を増やすことで樹脂同士がガッチリとつながれ、
耐候性が向上したそうです。

ではどんな特徴がある塗料かをお話します。


>>特徴① 超低汚染性

塗膜の密度が高いため、汚れが定着しにくく、セルフクリーニング効果で雨水が付着した汚れも洗い流すため、長い間美観が保たれる。

IMG_2397.jpg

>>特徴② とっても長持ち

◎ 高耐候性
  
塗料の最大の劣化原因である紫外線に対して、フッ素塗料同等の強い耐候性の発揮。

☆高耐候性の秘密☆

一般的な塗料の顔料の主成分である酸化チタンは、紫外線の影響を受けると塗膜樹脂の劣化原因である「ラジカル」を発生し、周囲の樹脂を破壊、劣化させていく。
超低汚染リファインシリーズはこのラジカルの発生を抑制する高い耐候性形白色顔料を使用するため、劣化の進行を抑えることができる。

◎しなやかで強い塗膜

柔軟性と強度を兼ね備えた塗膜が下地の動きに対応し、表面にひび割れが起こりにくい。


>>特徴3 夏涼しい!! しかも超低汚染性を持続することで遮熱性も長持ち!

優れた遮熱性が室内の温度上昇を抑え、生活環境を快適にします。

太陽光の波長のうち温度上昇の原因となるのは近赤外線。超低汚染リファインシリーズは遮熱無機顔料の使用で、退色しにくく、近赤外線を効果的に反射する塗膜を形成。
屋根用塗料超低汚染リファインシリーズに使用される専用下塗材にも遮熱無機顔料を使用することで、上塗材では反射しきれなかった近赤外線を反射するため、遮熱効果がより一層高まる。
 

遮熱性.jpg


一般的なシリコン塗料の上を行く超低汚染リファインシリーズ!
大切な資産である家を永く守り続ける塗料ですので、メンテナンスも少なくて済みます。
外壁屋根の塗替えをお考えの際にはひとつの選択肢にされることをおすすめします!

ご興味があるときにはいつでもお気軽にお問い合わせくださいね^^

 

リファイン1000Si-IR.jpg


リファイン500Si-IR.jpg

 

シラスバルーンコート

八王子のお客さまのご要望で、室内天井壁をAEP(アクリルエマルジョンペイント=水性塗料)から消臭効果が高いシラスバルーンコートへの塗替えをしました。

シラスバルーンコートとは・・・株式会社アイ・ティー・ピーが開発した自然素材だけの抗菌塗料です。

zairyou.jpg

【特徴1】 アドバンスクレイの天然の力

アドバンスクレイは、クレイ系ナノ複合材料用に最適化された粘土鉱物で、自然界にある幅広い形状・組成を持つ無機材料です。主材料はモンモリノナイトです。

アドバンスクレイは、1.優れた機械性質、2.優れた遠赤外線放射、3.優れた抑菌性、4.優れた保湿性、5.優れた脱臭解毒性、6.高気密性、7.高耐熱性、8.耐化学腐食性への抵抗などの力を持っています。

 

【特徴2】 天然の抗菌力

アドバンスクレイの粒子がMRSAをはじめ緑のう菌、カンジダ菌、大腸菌、黒こうじかびなどを吸着し不活性化させます。化学成分で菌を殺すわけではなく、アドバンスクレイの天然の抗菌作用で抑制するため、後に有害な物質が残ることもなく安全です。

 

【特徴3】 天然の消臭力

アドバンスクレイとシラスバルーンの吸着性により、消臭効果があります。

 

genba2.jpg

genba.jpg

 

室内壁天井すべてを天然素材での塗替えをしたため、安心・安全の気持ち良い空間となりました^^

 

清潔WALL

銀座のオフィス室内工事で、新規壁面を日本ペイント製品「清潔WALL」で塗装をしました。

日本ペイント 清潔WALLとは・・・汚れがつきにくく、落としやすい室内塗料です。

【特徴1】従来内装塗料に比べ、手あか汚れなどの生活汚れがつきにくく、簡単にふき取れる。

【特徴2】特殊エマルジョンの採用で、塗装中のにおいがせず、塗装後もにおいが残らない。

【特徴3】優れた抗菌性を持ち、院内感染や食中毒の原因となる菌(大腸菌O157を含むメチシリン耐性黄色ふどう球菌[MRSA])を防ぐ。また建物に発生するカビの繁殖を抑制する。

【特徴4】ホルムアルデヒド、トルエン、キシレンなど各省庁の規制指針に該当する化学物質を配合していない。

【特徴5】清潔WALL下塗材が可塑剤移行を抑制するので、塩ビクロスの上にも塗装ができる。

【特徴6】F☆☆☆☆の水性塗料で有害重金属(鉛、クロムなど)を配合していないため、環境にも健康にもやさしい。

↓ こちらが製品カタログチラシです。     

seiketsuwall.jpg

白系での塗装のため、清潔WALLの威力を発揮してくれると思います。

ginza-naiso-m.jpg

 

オフィス入口壁面は非常に鮮やかな紫色で仕上げました。

※ちなみにこちらの壁面は清潔WALLの仕上げではありません。

situnaihekimen.jpg

 

« お知らせ | メインページ | アーカイブ | 施工報告 »

このページのトップへ